オフィス変身!
家具選び
題名
オフィスのレイアウト
デスク
オフィスチェア
会議デスク
会議チェア

オフィスチェアーについて

オフィスチェアーの正しい座り方

デスクワークのときの悩み・・・「腰痛」

人間の骨は歩くのに一番適した骨格になっています。
椅子に座った状態の腰への負担は、立っている状態の約1.5倍、仰向けに寝ている時の約5倍にもなります。

椅子に座っている状態は楽だと感じるかもしれませんが、それはただ足への負担が軽減されているだけで、そのぶん腰に負担がかかっています。イスよりソファに座っていたいと思う人は多いのではないでしょうか。
さらに、長時間同じ姿勢でいると、腰椎付近の筋肉疲労がおこります。
ひどくなると椎間板ヘルニアなどの重度な症状を引き起こす場合もありあます。

腰への負担を少なくするために体に合ったいすを選び、正しい座り方をする必要があります。

正しい姿勢で機能のいいチェアーに座る

人間の骨格は立っている状態が普通で座ったら不自然という事はどんなに良いチェアーに座っても腰や首に負担がかかるという事です。しかし、その負担を軽減する事は出来ます。

せっかく良いチェアーを使っても座り方が悪ければ意味がありません。
正しい姿勢で良いチェアーに座る事が一番体に負担がかからない方法なのです。

 

@ 座高 D 座位基準点
体重が最もかかる点
A 差尺
机上と座位基準点の高さ差で座高の約1/3
E かかとは床につける
B 座位基準点の高さ
(下腿高-1cm)
日本人は38〜41cm
F 太ももの上面は水平にして、下肢は直角bにして座る
C ランバー G

チェアーの正しい座り方

1.かかとは床につける
2.太ももの上面は水平にする
3.膝は直角にする
4.デスクの高さは座位基準点から座高の1/3程度(日本人は30cm前後)程度が良い
5.ランバーサポート部分は腰にあたる程度の深さに座る

座面昇降機能や座面奥行調整など、チェアの機能で調整して自分に合った姿勢をできるようにしましょう。

オフィスチェアーの張り材

布タイプ メッシュタイプ レザータイプ
     
ヌノノシリーズ モダルシリーズ クレアシリーズ


布タイプ レザータイプ

メリット

・カラーバリエーションが豊富
・ 冬は暖かい
・ 環境配慮 再生材料(再生PETなど)を利用できる
・ 商品によっては防炎加工などかできる
・ クッションの弾力感を活かせる

デメリット

・汚れやすい(防汚加工などの処理の場合をのぞく)
・ 夏は若干蒸れる
・ 埃(ほこり)などの発生

メリット

・汚れにくく、手入れが簡単
・ 埃が出にくい

デメリット

・ カラーバリエーションが少ない

メッシュチェアーは製品にもよりますが、背中やお尻のフィット感が良く通気性が良いこと、 デザイン性に優れていろことなどから人気があり、最近ではオフィス家具メーカーも製品開発に力を入れている事から、商品的に非常に完成度の高いチェアも多数出ています。

 

↑上へ

注目サイト

TopBuzz

最終更新日:2018/9/5

 

TOPページ オフィスのレイアウト デスク オフィスチェア 会議テーブル 会議チェア